春日野音楽祭春日野音楽祭

春日大社境内・三条通を中心とするまちなか・奈良公園にて開催される音楽フェス「春日野音楽祭」

ヒストリー

春日野音楽祭ヒストリー
2015年10月18日(日)

プレイベント 開催

奈良・春日大社において2016年11月6日に第60次式年造替が執り行われます。これは御殿の建て替えと御神宝の新調を行うもので、創建以来1200年に渡って続く、大切な行事です。
この第60次式年造替を記念し、市民参加の奉祝行事として「春日野音楽祭」を開催することになり、2015年はプレイベントとして、街中に8ヶ所12ステージ、様々なジャンルの音楽を無料で楽しめるステージを設置し、公募した出演者による奉納演奏を行いました。また、奈良公園内を中心にステージ周辺に飲食・物販などのマルシェでの賑わい作りや、楽器を持参しなくても参加できるような体験型のワークショップも開催致しました。フィナーレでは、ジャズクラリネット奏者 北村 英治さんを迎え、その場にいる皆さんが演奏や歌で参加する「奉納大合奏~未来へのSing Sing Sing~」を実施しました。

2016年9月18日(日)19日(月祝)

第1回 開催

前年のプレイベントに続き、第1回春日野音楽祭を2日間開催しました。オープニングでは、ルー大柴さんをゲストに「世界手洗いダンス奉納」、さだまさしさんをゲストに「奉納鍵盤ハーモニカ大合奏」を行いました。フィナーレでは、キダ・タローさん(ナビゲーター・指揮)、雲井雅人さん(サックス)を迎え「奉納大合奏・合唱」として御蓋山に演奏を奉納しました。

また、18日には「さだまさし 飛火野ライブ」が開催され、会場限定グッズなどを販売。19日にはウィリアム・アッカーマン、トッド・ボストン、押尾コータローさん、三橋貴風さんによる「林檎の庭 特別奉納演奏」が行われました。

2017年9月17日(日) ※16日林檎の庭特別奉納演奏

第2回 中止

大型の台風18号(タリム)が勢力を維持したまま奈良市内に接近することが予測され、実行委員会を開催し、お客さまの安全を第一に考慮しました結果、やむなく中止とさせて頂くことに致しました。
※9/16(土) 宵宮 ボブ・ジェームス林檎の庭特別奉納演奏は実施

2018年9月16日(日)17日(月祝)

第3回 開催

春日大社御創建1250年奉祝行事として第3回春日野音楽祭を開催しました。
浮雲園地メイン会場では、「にほんのうた」奉納コンサートが行われ、映画『この世界の片隅に』の主題歌でおなじみのコトリンゴと、男女の美しいハーモニーが好評のビューティフルハミングバードが登場。『紅葉』や『証城寺の狸囃子』などの童謡を、奈良の子どもたちも舞台に上がって、みんなで合唱した。

 同じくメイン会場で、両日とも午後から組まれた「FM802 SPECIAL LIVE」では、16日に若者に人気の3人組ロックバンド「Saucy Dog」、17日はキレイな歌声「Leola」が登場しました。ボサノヴァ歌手の小野リサさんによるミニコンサートもあり、癒やしのサウンドで、会場を包み込みました。

2019年8月31日(土)9月1日(日)

第4回 開催

初日の浮雲園地ステージでは、TOKYO2020ホストタウン国際交流ライブとして、『UTTパン・フェニックス』の5人のバンドメンバーが初来日。カリブ海最南端の島国トリニダード・トバゴで生まれた、世界で一番新しいアコースティック楽器「スティールパン」を奈良教育大学の学生らと共演、オープニングを盛り上げました。

また、19時からは春日大社林檎の庭で宮川彬良氏と平原まこと氏による「アキラさんとまこと君ふたりのオーケストラ」が行われ、一夜限りの特別演奏が神様に奉納。2日目には、公募アマチュア演奏者88組によるまちなかステージも開催されました。最後を飾るフィナーレでは、宮川彬良氏の指揮、平原まこと氏によるサクソフォンに加え、一般参加の吹奏楽と合唱が「宇宙戦艦ヤマト」「マツケンサンバⅡ」などを大演奏し、2日間を締めくくりました。